逝く春に

春の終わりに旅立とうとする人を見つめる話。桜の花びらが群れ飛ぶのを見るたびに、よみがえる思い出があります。【読み切り】