冬の月夜

満月がのぼるのを見つめていた女は不思議な予感に満たされる。秋の夜長にこっそり読んで欲しい、やや官能的な小篇。【読み切り】