「アンジェラ」について

12月になりました。

街にはもう、イルミネーションとクリスマス・ソングがあふれだしています。
わたしのクリスマス・ストーリーは、これ。

「アンジェラ」はわたしの創作「裸でごめんなさい」に出てくる、
神待里隆(かみまちさとたかし)の子供時代の話ですが、
これだけで読んでいただいても、
じゅうぶん楽しんでいただけると思います。

舞台は1984年のメキシコで、クリスマスの風景の中、お話は進んで行きます。

当時のメキシコの風物や、メキシコ独特のクリスマス料理なども
一緒に味わっていただければ、幸いです。
 

15 Comments

  1. このお話が別な場所で連載されたとき、
    その描かれる世界にとても惹かれて読みました。
    ここにUPされたということは、その後も読めるのかな?
    楽しみにしています。
    子どもたちの気持ちがリアルに伝わってきて、
    胸が苦しいほどでした。
    社会がかかえる矛盾のはざまで生まれる不幸を
    こんなふうにして初めてまのあたりにする隆と、
    あんな境遇の中でこの先どうなるか心配なアンジェラが
    どうかこれ以上悲しいことになりませんようにと祈っています。
    あんなちゃん
    知らない世界を見せてくれてありがとう。
    この先も楽しみにしています。

  2. AnnaMariaさん こんにちは!
    久しぶりにレスします。
    こちらのサイトは、毎日のぞいては、ロム専で
    皆様のスレ・レスを楽しませて頂いております。
    本日は、首を長くしながら 半信半疑(ごめんなさい)で
    お待ちしておりました「アンジェラ」がUPされましたので、
    とりあえず、深海より浮上いたしました。
    どこかで、ボニボニさんのつぶやき「アンコちゃんはもう用意が
    出来ているのですっかりお大尽で ボニをいぢめるのよ
    、しくしく・・」を耳にしたので、
    もしや、こちらでの「アンジェラ」のことではと、
    かってに期待しておりました。
    ボニボニさんのつぶやきの真相はわかりませんが、
    私は、「アンジェラ」が拝読できて喜んでいます。
    今日のお話は、勿論 以前に拝読しておりますが、
    これまた、「エェ~覚えていないヨ こんなシーン」ばかりで、
    「ポサダ」のことも今回よーく理解できました。
    お話の感想を書くとねたばれになりそうなので、
    第2話からもまた新しい発見を楽しみにしながら、
    まだ未読のお話にたどりつく日をワクワク待ちつつ、
    楽しく拝読させていただきます!
    素敵なお話をありがとうございました。

  3. しーたちゃん、
    早くも来てくれてありがとう!
    >このお話が別な場所で連載されたとき、
    その描かれる世界にとても惹かれて読みました。
    すみません。
    あちらでは、続きをアップしようとしているうちに、
    クリスマス期間を大きく外れてしまって・・。
    >ここにUPされたということは、その後も読めるのかな?
    あ、はい!もう書き上げたので、今度は大丈夫。
    ここでもちろん全話アップしますが、
    あちらでも途中から続きをアップしていきます。
    >社会がかかえる矛盾のはざまで生まれる不幸を
    こんなふうにして初めてまのあたりにする隆と、
    あんな境遇の中でこの先どうなるか心配なアンジェラが
    どうかこれ以上悲しいことになりませんようにと祈っています。
    今も災害、戦争、貧困は絶えませんが、
    差別に関しては、20年前の方がもっと強かったように思います。
    南米メキシコ、当時は日本人が珍しくて、
    道で声をかけられたり、お菓子をもらったりしたらしいですよ。
    日本と大きく違うのは、治安と貧富の差。
    隆の目にもはっきり見える国でした。
    続きも読んでね。

  4. chisaisaさん、
    レスをありがとうございます。
    >こちらのサイトは、毎日のぞいては、ロム専で
    皆様のスレ・レスを楽しませて頂いております。
    わはは、実に気楽な会話なので(下らないとも言う)
    いつでもふらり、と加わって下さいね。
    >首を長くしながら 半信半疑(ごめんなさい)で
    お待ちしておりました「アンジェラ」がUPされました
    すみませ〜〜ん!
    昨年は年末年始のごたごたに、年内のアップができず、
    あまりに時期を外してしまったので、続きを止めました。
    どうしてもクリスマスシーズンに読んで頂きたかったので・・・。
    えっと、もう書き上げましたので、今年は大丈夫。
    ラストまで参ります。おつきあい下さればうれしいです。
    >「アンコちゃんはもう用意が出来ているので
    すっかりお大尽で ボニをいぢめるのよ、しくしく・・」
    あれ?どこでそんなことを呟いているのか・・(笑)
    わたしはただ「もうじきクリスマスだね」と言っただけです。
    そろそろ、アレも読みたいな、と。
    そう言えば、○年のあの話は面白かった、○年のアレも良かった・・、
    と色々思い出して並べたかも。いぢめてないです(爆)
    >お話の感想を書くとねたばれになりそうなので、
    第2話からもまた新しい発見を楽しみにしながら、
    まだ未読のお話にたどりつく日をワクワク待ちつつ
    ご配慮ありがとうございます。
    もう3年も前に書いたお話になりますが、
    書いた時は年表まで作って、どっぷり浸かって書きました。
    ようやく読んでいただけそうで、ほっとしています。
    どうか、最後までおつきあい下さい。
    よろしくお願いします。

  5. あ、始まりましたね。
    これ異国の風物の中。 逃げてきた少女のイメージが印象的で
    「どうなるのかな」と思っていたら中断しちゃって
    「(・3・)え~・・・?」と思っていたお話です。
    今度は最後まで一気に読めるのね。良かった。
    季節感も合って 良いわ。
    >あれ?どこでそんなことを呟いているのか・・(笑)
    ふふふ・・「臨時創作部屋」のレスです。
    >わたしはただ「もうじきクリスマスだね」と言っただけです。
    だけ であっただろうか。
    >そろそろ、アレも読みたいな、と。
    >そう言えば、○年のあの話は面白かった、○年のアレも良かった・・、
    >と色々思い出して並べたかも。いぢめてないです(爆)
    充分です。(T-T)

  6. AnnaMariaさんこんばんは!
    アンジェラが登場しましたね!
    今回は、最後までお話が拝読できるということで、
    安心して、お話を楽しんでおります。
    このお話を拝読しながら、お友達のお姉さんご家族が
    確かメキシコにいらっしゃたと思い出し、久しぶりに
    お友達にお電話をしたら、メキシコではなくスペインでした。
    (尚且つ 数年前に帰国しておりました。ハハハ)
    お話に登場する、メキシコのクリスマスの行事を
    いろいろお尋ねしようと思ったのに、スペインとは・・・
    いろんな国でいろんなクリスマスの過ごし方があるのですね。
    みんなの幸せを願うこの季節に どうかアンジェラも
    心穏やかにクリスマスが迎えられますように!
    ところで前回のレスで、ご本人に断りなく
    ボニボニさんのお名前を出してしまいました。
    「ボニボニさん ごめんなさい。」
    今更 こちらでお詫びをするのも(AnnaMariaさんにも
    ごめんなさい)・・・と思いましたが、これから 気をつけます。
    次回からの、隆とアンジェラを楽しみに待っています。
    素敵なお話 ありがとうございました。

  7. ボニさん、
    >「どうなるのかな」と思っていたら中断しちゃって
    「(・3・)え~・・・?」と思っていたお話です。
    うう、すみません。
    なんで去年あげきれなかったんだろ、と思ってチェックすると、
    年末PCがイカレて、アップが遅れ、
    クリスマス部屋まで閉じちゃったの。
    >今度は最後まで一気に読めるのね。良かった。
    季節感も合って 良いわ。
    うん、クリスマスに読んで欲しかったの。
    >>わたしはただ「もうじきクリスマスだね」と言っただけです。
    >だけ であっただろうか。
    うふふふふ、用意のいいボニさんだから
    きっと期待を裏切らずに、楽しませてくれると信じてるわ。
    たのしみぃ♪

  8. chisaisaさん、
    読んでくださって、ありがとうございます。
    >今回は、最後までお話が拝読できるということで、
    安心して、お話を楽しんでおります。
    あはは、他にもそう思っていらっしゃる方がいるかな(笑)
    >お話に登場する、メキシコのクリスマスの行事を
    いろいろお尋ねしようと思ったのに、スペインとは・・・
    あとで参考文献として幾つか挙げておかなくちゃ、と言うものがありますが、
    今も「ポサダ」「ピニャタ」の風習は残っており、
    かつ、これから色々出て来る、クリスマス独特の料理も
    日本のおせちとおなじく、今も継承されているようです。
    伝統ってこういうお祭りと一緒に残っていくのでしょうね。
    >ところで前回のレスで、ご本人に断りなく
    ボニボニさんのお名前を出してしまいました。
    「ボニボニさん ごめんなさい。」
    い〜んですのよ、って私が言うのも変ですが(笑)
    だってボニさんだって、本人に断り無しに「あんこがいぢめる・・」と
    別の場所で泣いてたんですから。
    他の方はともかく、ここの面子同士なら全然大丈夫ですから、
    どうぞ、お気になさらず。

  9. annaさん、こんにちは。
    アンジェラの続きが読めるなんて、嬉しいです。
    また楽しみが増えたわ~!
    昔LAに住んでた頃、あそこはメキシコ人がたくさん住んでいるので、ピニャタは年中普通に売ってました。
    クリスマスの物だったんですね。
    それに自分で中身詰めるんですか。
    LAで売っていたものは、最初から中身詰まってたな~。
    きっと手抜きバージョンだったんでしょうね。
    メキシコ人たちが本国を懐かしんで買っていたんでしょうか。
    アメリカ人もバースデイパーテイー用によく買ってました。
    なんだか懐かしいです。
    去年の夏、メキシコに遊びに行きました。
    メキシコは今まで、アメリカとの国境の町しか行ったことがなくて、そういう所はアメリカ人の観光客相手のお土産やさんしかなくて、とっても貧しく治安も悪く汚いイメージしかなかったのですが、去年行った所はとても美しく、メキシコ人は働き者で陽気で楽しく、メキシコに対するイメージが完全に変わりました。
    また行きたいな~。
    アンジェラの世界、おいしそうなメキシコ料理のイメージとともに(匂いまで嗅げそうなほど詳しいんだもの。すごいです)、楽しませていただきます。
    なんだかお腹がすいてきた(笑)。

  10. お芋さん、
    アンジェラ、再読して下さってありがとうございます。
    >あそこはメキシコ人がたくさん住んでいるので、ピニャタは年中普通に売ってました。
    お?そうなんですか。
    ピニャタは他にも使い道があるのかどうかわからないんですが、
    クリスマスの「ポサダ」には欠かせないらしいです。
    >LAで売っていたものは、最初から中身詰まってたな~。
    最近は面倒なので、最初から詰まってる既製品で済ます事も・・
    いやあ、ドコも一緒だな。
    そのうち、自分で詰める方が少数派になるかもしれないですね。
    (もうなってる?)
    >去年行った所はとても美しく、メキシコ人は働き者で陽気で楽しく、
    メキシコに対するイメージが完全に変わりました。
    いいなあ、ぜひ行ってみたいです。
    メキシコの中でも、メキシコシティとそれ以外、と区分けされるほど
    首都への人口集中が激しいようです。
    韓国もそうですね。
    >なんだかお腹がすいてきた(笑)。
    うふふ、それはうれしいお言葉。
    食いしん坊が書くと、ど〜〜しても食べ物の描写が多くなって(笑)
    でもイベントの楽しみの大きな部分を占めているでしょうからね。
    まだまだ続きます。
    よろしくお願い致します。

  11. おお、あの話を最後まで読めるのね。
    まとめ読みしようっと。楽しみです。
    とても印象に残ってたの。
    メキシコ、私も言ってみたいなぁ。
    お芋サン、
    アメリカは地域によってすごく違いがありそうですね。
    地続きでどこに近いかとか、どこ出身の人が多いかとか。
    食べ物は、そういう意味でも面白いですよね。
    >食いしん坊が書くと、ど〜〜しても食べ物の描写が多くなって(笑)
    だからこれも楽しみ。

  12. vaiちゃん、
    >おお、あの話を最後まで読めるのね。
    でへへ、去年は5話で1月も半ばを過ぎちゃって、
    これはもうクリスマスストーリーとしては限界と思って止めちゃった。
    でも書きたかったの。
    >とても印象に残ってたの。
    ありがとう。
    ラストまでこの調子で引っ張れるといいんだけどなあ。
    どうも自信がない。
    書き終えたんだけどね。
    >>食いしん坊が書くと、ど〜〜しても食べ物の描写が多くなって(笑)
    >だからこれも楽しみ。
    うふふ、調べていても楽しかった。
    実際に食べに行ったり(日本のメキシコレストランだけど)もしたの。
    辛いのが弱点だから、何でもってわけじゃないけど。
    いつかメキシコに行ったら、あれもこれも食べてみたい(笑)
    これからの話にも続々出てきます。

  13. AnnaMariaさん こんばんは!
    最終回まで読ませていただいたらコメントをと思っていましたが、
    あまりにも悲しい「アンジェラ」の運命に、言葉がありません。
    5話くらいから、ハラハラドキドキで、
    8話、9話は、涙・涙でした。
    30年近く前に観光で行ったメキシコのお土産さんで見かけた、
    あの少女がアンジェラだったように感じて、
    物語とは思えなくて、胸が痛いです。
    アンジェラが今は幸せであることをただただ祈ります。
    隆も見掛けは少し軽く見えますが
    (私のかってな隆のイメージです)、
    こんな哀しい経験があるのなら、きっと心優しく
    正義感の強い男性で、そんなところも、
    まどかちゃんが隆を愛するところなのでしょうね。
    今も胸が痛くって、「楽しいお話をありがとう」とは
    言えませんが、心に響くお話に感謝します。
    2年越しのお話を待っていて本当によかったです。
    アンジェラのような思いをする子供たちが
    世界中からいなくなることを願いながら、
    心にのこるお話に感謝をこめて
    ありがとうございました。

  14. chisaisaさん、ハッピーエンドとは言えないお話を
    最後まで読んで下さった上、コメントまで下さってありがとう。
    >あまりにも悲しい「アンジェラ」の運命に、言葉がありません。
    読後、悲しい気分にさせてしまってすみません。
    この結末が最初から決まっていたので、アップする手も
    段々重くなりましたが、今回はラスト迄書ききって、
    揺れずにアップしようと決めていました。
    >8話、9話は、涙・涙でした。
    でもやっぱり辛い思いをさせてしまいましたね。
    >30年近く前に観光で行ったメキシコのお土産さんで見かけた、
    あの少女がアンジェラだったように感じて、
    おお、メキシコにいらしたことがあるのですね?
    30年近く前、というと、まさにこの頃。
    地震のまえだったのでしょうか?
    (ちなみにこの話は1984年の設定です)
    違和感無く思い出していただけたのであれば、
    書き手としては、うれしい。
    (胸の痛い思いをさせてしまっても)
    >隆も見掛けは少し軽く見えますが
    こんな哀しい経験があるのなら、きっと心優しく正義感の強い男性で、
    隆は見た目は日本人、気持ちも日本人ですが、
    教育と仕事の仕方は国際派。
    アメリカ的楽天主義と正義感、
    (古き良き)日本人の両親からは礼儀と勤勉。
    育った環境から世界に関する感覚が養われた、と思いたい。
    だから愛情表現はストレートですが、正義感が強い男です。
    それはきっと、貧富の差が見えるところで育ち
    自分はどう生きていくか、ということを考えながら
    選択をしてきたせいだと思う。
    どうしてまどかを見た時に即「足抜け」とか「虐待」を思ったのか、
    怪しい素性の女性にすぐ手を差し伸べようとしたのは何故か、
    わたしなりのバックボーンとして、この話が浮かんでいました。
    「裸に近い女性」を助ける、のが隆の運命だったかな。

  15. AnnaMariaさん こんばんは!
    年末のお忙しい中、コメントへのお返事 ありがとうございます。
    物語の初めからアンジェラが幸せになる道は、
    奇跡しかないのかなぁと思いながらも、
    きっと奇跡のお話だと信じていました。
    (バッチリ 裏切られましたが・・・)
    ですが、時には、辛口のお話もイイですね。
    8話での隆のお父さんの
    「隆、アンジェラを守ってやれなくて、すまなかった・・」
    この言葉が、いつの時代でもどこの国でも、
    正義感や優しさだけでは、どうすることもできないものがあると、
    隆だけではなく、私たちにも教えてくれているようで・・・
    それでも、正義感や優しさのあるお父さんのこの言葉が、
    私には(きっと隆にも・・・)救いでした。
    辛いお話でしたが、本当に心に響くお話を拝読できて
    感謝しています。
    ところで、私がメキシコに旅行をしたのは、1977年頃です。
    30年近く(あれぇ 30年以上ですかね)前になると、
    正確な年数が過去の日記か何かを調べないとわかりませんが、
    間違いなく 地震の前です。
    ちなみに、その時にアンジェラのような少女から
    お土産として買ったサラッペを、
    今でもラグマットとして、使用しています。
    (昨日 大掃除をしながら、あぁこれはメキシコから
     買ってきたんだったぁ~と思い出していました。)
    つい 長くなりました。ごめんなさい。
    本当に素敵なお話をありがとうございました。
    来年も、いろんなお話を楽しみにしております。
    どうぞ 良いお年をお迎えください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*